ゴルフ上達法

アマチュアのゴルフスイングとは?

こんにちは、管理人のKです。まずはじめに自己紹介と当サイトについて書きたいと思います。

 

プロフィール
1974年11月生まれ 
ゴルフ歴 5年
ベストスコア 70
JGAハンデ 最高3.8 現在5.8
ドライバー飛距離 270Y
得意クラブ パター

 

一言
ゴルフ歴は5年で自己流でゴルフを覚えました。雑誌やテレビを見ては試行錯誤を繰り返しゴルフを初めて3年でシングルの仲間入り。
現在はアマチュアの試合にも参加しゴルフレベルを上げるように日々努力しています。


スライスの治し方 スライスの原因 の1 ゴルフスイング上達法

アマチュアゴルファーの悩みの中でも多いのがスライスです。

 

特に日本人は欧米などにくらべスライスゴルファーの割合が非常に高くなっています。

 

まずは何故?スライスが出るのか発生のメカニズムからお話します。

 

※図

 

スライスの原因はたった一つです。

 

それはフェースがスイング軌道に対して開いてボールに当たっていること。

 

ずばりコレが原因です。

 

ポイントとなるのはスイング軌道に対してという部分です。

 

まずはこの原因をしっかりと覚えてください。

 

具体的に説明すると下記のようにスイング軌道はストレート、インサイドアウト、アウトサイドインの大きく3つのタイプに分かれます。

 

※図

 

この軌道に対してフェイスが開いているとスライスとなります。

 

では次に3つのスイング軌道別に分析してみましょう。

 

スイング軌道 ストレートの場合

 

スイング軌道がストレートの場合はフェイスの向きは飛球方向に対してフェイスがオープンの場合のみにスライスとなります。

 

※図

 

 

スイング軌道 インサイドアウトの場合

 

インサイドアウトの場合は軌道が飛球方向よりオープン(右)になっています。そのためスイング軌道のオープン角度とフェイスのオープン角度が同じ場合には右に真っ直ぐの弾道、プッシュアウトになります。インサイドアウトでスライスする場合はスイング軌道のオープン角度よりもフェイス角度がオープンの時に右からさらに右に曲がるスライスになります。

 

※図

 

スイング軌道 アウトサイドインの場合

 

アウトサイドインの場合はスイング軌道は飛球線よりもクローズ(左)になっています。この場合フェイス角度はスクエア(真っ直ぐ)でも軌道に対してはオープンになるのでスライス回転がかかります。

 

※図